住宅ローンを組むならつなぎ融資も勉強しよう!

住宅ローン,つなぎ融資

注文住宅を契約したい時に大切なのが住宅ローンが組めないと言う点です。
住宅ローンは対象の物件を担保にローン契約を結ぶものなので、物件が完成している状態でないとローンが組めません。

 

注文住宅の場合は契約してから施行が始まるので住宅ローンが利用できません。
そこで利用したいのが「つなぎ融資」です。

住宅ローンの詳細は『住宅ローン見直しサイト』が参考になります!

 

即日お金借りるのに最適なおすすめの消費者金融ランキング

プロミス

ランキング1位

実質年率 4.5%~17.8%
利用限度額 1~500万円
審査時間 最短30分
特徴 最短1時間融資なのでお急ぎの時も頼れる!
自動契約機の設置台数No1なので夜・土日祝もOK!
女性にはプロミスレディースもあります!

アコム

ランキング3位

実質年率 3.0%~18.0%
利用限度額 800万円
審査時間 最短30分
特徴 即日融資は最短1時間で借入も可能です!
30日間金利0円サービスも実施中!

モビット

ランキング2位

実質年率 3.0%~18.0%
利用限度額 1万円~800万円
審査時間 10秒簡易審査
特徴 [10秒簡易審査]即日審査・即日融資のサービス
[WEB完結申込]秘密重視のサービス

※審査結果でご希望に沿えないこともございます。

住宅ローンは2つ申請出来るのでしょうか

今現在持ち家を購入して住宅ローンを組んでいる方で、お子さん用の家を購入したい、別荘を購入したいと言う理由で、更にもう1つ住宅ローンを組みたいと考えている方もいると思います。

 

そもそも住宅ローンは2つ同時に申込出来るのでしょうか。

原則として住宅ローンは申請者本人がその家に住む事を前提としているローンになります。
ですから住宅ローンを新たにもう1つ申し込むと言うのは申請が通らないと考えておいた方が良いと思うのです。

 

そうなると、今現在の住宅ローンの事を黙っていればいいのではないかと考える方もいると思いますが、万が一バレた場合には借りているお金を一括返済しなくてはならない等、厳しい罰則が科せられる事が有りますので止めた方が良いでしょう。

 

では、どうすれば良いのでしょうか。
「セカンドハウスローン」を利用すると言う方法が有ります。

 

既に住宅ローンを組んでいて新たに組みたいと言う方に適している住宅ローンになります。
理由が2軒目購入であれば審査もそれなりの内容で審査される様になります。

 

但しセカンドハウスローンを組むと言う事は支払いが2重になると言う事ですので、それなりに審査条件が厳しくなる事は明確です。
更に借り入れ期間が短かったり、借入金額が少なかったりと制限される事も多いと思います。

 

こうした制限を設けていない金融機関も有りますので、利用する際には先に調べておくと良いでしょう。
この他にもフリーローンを利用する事も可能です。

 

当然借り入れには担保が必要となる事が多く、物件を担保にする事が予想されます。
こうした事を踏まえてセカンドハウスローンを組む事を検討してみてはいかがでしょう。

住宅ローンのポイント【頭金の用意】

通常、住宅購入にあたって頭金がいくらか必要であると言われています。
当然住宅ローンの審査についても、頭金が無いよりは有った方が審査に通る可能性が高くなります。

 

しかし近年では一定の収入が安定して有れば、頭金が0円でも住宅ローンが組める場合も有ります。
更にフラット35については、住宅購入資金の90%まで融資可能と言う住宅ローンもある様です。

 

こうした事から、以前よりは住宅購入しやすくなったと言えると思います。
しかし、頭金が無いと言う事はそれだけ元本が多くなると言う事ですので、そう返済額はかなりの金額になり、月々の返済額も高額な物になります。

 

例えば4000万円の住宅ローンで35年ローン、2%の金利だとした場合、利息総額は1500万円を超える事になります。
利息だけで住宅本体の値段の半分近くになるなんてバカバカしいですよね。

 

でも、頭金を1割入れて3600万の住宅ローンを同じ年数、同じ金利で組んだ場合、利息総額は1000万円程になり、500万円余計に払わなくても良いと言う事になります。

 

当然、月々の返済額も少なくなり、生活にゆとりが出る様になります。
更に頭金を2割用意できるとなると更に返済額が少なくなります。

 

また頭金を出来るだけ多く入れておく事で、購入後の安心度合いが変わってくると思います。
この様に住宅は頭金が無くても購入できますが、出来るだけ頭金が有った方が色々とメリットが大きいと言う事を覚えておくと良いでしょう。

住宅ローンのポイント【借り換え】

住宅ローンを賢く返済する方法として「借り換え」が挙げられます。
当然、今現在の住宅ローンと比較してお得感が無ければ意味が有りませんが、借り換えの条件次第では総返済額を減らす事が出来ます。

 

もちろん現在の住宅ローンの審査とは別に新たに審査されますので、それに通らなければ借り換えは出来ません。
借り換えには、現在支払っている住宅ローンの繰り上げ返済に必要な手数料、新たな登記費用等、諸経費がかかります。

 

金融機関によってはこうした諸経費が無料の所も有りますので、借入時にきちんと調べておきましょう。
ではどういった場合に借り換えをした方がお得なのでしょうか。

 

「返済期間がこの先10年以上有る」「現在の金利と新しい金利の差が1%以上である」「返済残額が500万円以上有る」と言う場合が借り換えをした場合にメリットとなりやすい状況となります。

 

現在、借り換えを進めている金融機関が大いに有りますので、こうした所と現在の返済状況と照らし合わせてみると良いでしょう。
また現在の住宅ローンで変動金利適用期間に入った場合、借り換えをした方が有利となる事も有りますので検討してみると良いでしょう。

 

この様に、必ずしも借り換えがお得と言う訳でも有りませんし、必ず借り換えが出来ると言う事でも有りません。
同じ条件でも金融機関によって返済額が変わってくる事も有ります。
高額資金の借り換えになりますので、金利が低いからと言う理由だけではなく、充分に検討を重ねた上で借り換えをする様にしましょう。

住宅ローンのメリット

家やマンションを購入する際、住宅ローンを組もうとする人が多いと思います。
住宅ローンを申し込む際には審査が有り、その審査を通った人がお金を借りる事が出来ますが、そのお金まで借りて住宅ローンを組むメリットは有るのでしょうか。

 

そこでここでは住宅ローンを組む事によって得られるメリットについて挙げてみたいと思います。
先ずは「お金が無くても直ぐに家を購入する事が出来る」と言うメリットです。

 

何かを買う時にはお金を貯めて現金で支払うと言う事をモットーにしている人も多いと思いますが、一戸建てやマンションの場合、高額な資金が必要な為、なかなか現金で一括購入すると言う事は難しいです。

 

またお金が貯まるまで待つと何十年先になるか分かりません。
それを住宅ローンを組んでお金を借りる事で、今直ぐに家を手に入れる事が出来ると言うメリットが得られるのです。

 

次に最近は住宅ローンを組む際、「団体信用生命保険に加入」する事が主流となってきています。
これにより、万が一借主が亡くなった場合に家の残債をその保険で賄えると言うメリットが出てきます。

 

更に、この時に残債が無くなった上にその住宅を将来売却した場合に得られる収入が期待できると言うメリットも出てきます。
この他にも投資用の住宅に住む事で、住宅ローンの借り方によっては収益を早く得られやすいと言うレバレッジ効果が期待出来ます。
この様に、住宅ローンを借りる事で得られる効果はかなり有ると言う事がお分かり頂けると思うのです

住宅ローンのデメリット

夢のマイホームの取得の実現化を早めてくれる住宅ローン。
借りる事で得られるメリットはたくさん有りますが、住宅ローンは借金をすると言う事ですので当然デメリットも出てきます。

 

審査が通る通らないと言うのも有りますが、審査を通す前にどの様なデメリットが有るのか把握しておくと良いでしょう。
先ずは「金利が変動する場合、返済額が増加する可能性が有る」と言うデメリットが有ります。

 

住宅ローンは高額の借り入れをしています。
いくら金利が低くてもその利子の総額はかなりの金額になります。

 

そこで住宅ローンを申し込む際、金利が低い所を選ぶ場合が多いと思いますが、その時の金利が低いからと言って変動金利で借りた場合、将来的に金利が上昇して返済額が増加してしまったと言う場合が考えられるのです。

 

そうなると月々の返済額も増加してしまいますので家計を圧迫してしまう結果になりかねません。
固定金利が良いか、変動金利が良いか、よく検討した上で借りなくてはいけないのです。

 

次に「万が一の場合に売れない」と言うデメリットが有ります。
もしも住宅を投資目的で購入しようとする場合、住宅ローンを組んで投資する人も少なくありません。

 

しかし蓋を開けてみたら思った様な金額で売れずに結果的に赤字になってしまうと言う結果になる事も考えられます。
また引っ越しを余儀なくされてしまい、せっかく買った住宅を手放さなくてはならなくなった場合も同様です。

 

こういう場合でも住宅ローンはきっちりと返済していかなくてはならない為、購入する際には今後の生活プラント合わせて住宅ローンを申し込む必要が出て来るのです。